FAQTOP ご契約関連 ドメイン一般 機能 サポート その他

機能についてのFAQ


   ■機能について

    33. ホームページにアクセスした人数やアクセス数を表示することはできますか?
    34. サーバーのバックアップの頻度はどれくらいですか?
    35. メールデータの受信容量に制限はあるのでしょうか?
    36. CGIは使えますか?
    
37. ウェブ上で、個人情報を秘密にやりとりすることは可能でしょうか?
    38. メールアドレスの変更・追加・削除などはどうやって行うのでしょうか?
    
39. メールアカウント発行数”無制限”とは、いくつでも登録可能なのですか?
    40. ディスク領域の”ご利用規定”とは何ですか?
    41. メール発行数やディスク領域利用について、どうして規定があるのですか?
    42. 
メールの送信方法で、POP before SMTP方式とは何ですか?



 ■一般的なご質問について
 33. ホームページにアクセスした人数やアクセス数を表示することはできますか?
   
弊社では、オプションにて、たいへん便利なWeb ログ解析ツールをご用意しております。1つのドメインに対し、月毎、週毎、日毎、時間毎のアクセス状況(ヒット数)やトラフィック状況を様々な角度から分析し、グラフ化されたデータを閲覧できます。多機能、解析スピードが速い、簡単に利用できるなどの優れた特徴も兼備。また、HTML 形式のグラフィカルなレポートを作成します。当ツールにより、ホームページの状況を的確に把握できるので、とても便利です。




 34. サーバーのバックアップの頻度はどのくらいですか?

弊社では、サーバーのバックアップはリアルタイムに行っております。さらに、1日遅れのバックアップと、2日遅れのバックアップも行っております。

   


 35. メールデータの受信容量に制限はあるのですか?

受信メールボックス容量については、15MBまでしかサーバーにデータ保存できません。都度のメール受信をお勧め致します。



 36. CGIは使えますか?

CGIのご利用に関しては、無料です。

※cgi利用に関しては、厳格な規定のもとに、許可制になっております。ご利用のお客様は、「CGI利用許可承諾書」にてご利用申請が必要となります。(当書類は弊社より送付する入会書類に添付されております。)


CGI使用許可申請申請書 内容
CGI使用に関する利用規定

ご契約主名  は、「取ろうよドットコム」サービスにおけるCGI利用に関して、下記の利用規定を遵守し利用することに同意したものとする。

1.利用者がCGIを使用してサーバー内部および外部にクラッキング行為を行ったプログラム、あるいは、試みたプログラムを当社が発見した場合は、利用者は実被害にかかった費用を当社へ支払う義務があるものとする。また、当社は、クラッキングしようとしているプログラムを監視するプログラムを走らせており、当プログラムにより不正発覚した場合は、当社側で利用者のCGIは即座に停止させていただくことに、利用者は同意したものとする。また、当社は、利用者が不正アクセス禁止法に触れる行為があったと判断した場合は直ちに法的機関へ通報させていただくことに利用者は同意したものとする。

2.当社は、CGIのご利用をお断りする場合、もしくは中断させて頂く場合があることに、利用者は同意したものとする。利用者が掲載したホームページについての責任・その起因によるトラブルについて当社は一切責任を負わないものとし、利用者の責任とする。利用者のデータ等は、利用者自身がバックアップを常に行うものとする。何らかの障害、もしくは、弊社側のシステム障害により、利用者のホームページのデータが損害を受けたとしても、当社は利用者に対し、一切の責任及び補償を負うことはないことを、利用者はあらかじめ承知したものとする。また、下記の類いのCGI等についてもご利用不可とする。

(1)セキュリティ上公開出来ない情報を参照・変更するものは不可。
(2)他人のファイルを参照・削除・変更するものは不可。
(3)自分が作成したプロセス以外のプロセスを終了しようとするものは不可。
(4)無限ループや無制限なプロセスを生成するものは不可。
(5)その他、サーバーに支障が起り得るものは不可。
(6)チャットに関してはサーバーに支障がある場合は不可。

3.CGIを設置するサーバーのメンテナンス作業や、天災等のトラブルによる一時的運用停止に起因して、当CGIサービスは一時的に停止することがあります。当社は、利用者に対し、できる限り事前に連絡しますが、緊急の場合ややむを得ない場合は連絡なく停止する場合を、利用者はあらかじめ承知したものとする。また、それに伴う当サービスの一時停止や中断もしくはそれに伴うトラブルおよび損害に対し、当社は一切責任を負わないことを利用者はあらかじめ承知したものとする。

4. CGIの不具合を発見した場合や、悪意ある第三者の利用を発見した場合、利用者はすみやかに当社へその旨を連絡するものとします。 当サービスの利用権の譲渡、転売、貸与等は禁止します。 CGIスクリプトの利用において発生するトラブルや、それに伴う損害について、当社はいかなる責任も負いません。また、当社はいかなる場合も理由の如何に拘わらず、利用者の受けた損害および第三者から利用者に対してなされた損害賠償請求に基づく損害等について一切責任を負わないものとする。

本ルール(規約)の著作権は株式会社アイエフリサーチに帰属しています。無断での複製、転載、流用、その他利用を禁止いたします。 以上の規定を利用者は全て同意の上で、CGI使用するものとする




 37. ウェブ上で、個人情報を秘密にやりとりすることは可能でしょうか?

ウェブ上で、一般的に使われるのは、SSL(Secure Socket Layer)という機能です。SSL(secure socket layer)とは、暗号通信を用い、個人情報や 他人に見られると困るなどの重要な情報を取り扱う場合に利用する 一般的な機能です。弊社にて取得した権利を皆様共同使用となります。

「ホスティング・レギュラーコース」
■初期費:7,000円(消費税別・初回のみ)
■月額ご利用料金:無償

「ホスティング・バリューコース」
■初期費:無償
■月額ご利用料金:無償



 38. メールアドレスの変更・追加・削除はどうやって行うのでしょうか?

弊社のホスティングサービスでは、メールアドレスの変更・追加・削除について、お客様ご自身が、パソコン上で行うことができます。変更・追加・削除は、「アカウントマネージャ」にて簡単に行なえます。
参考資料:便利ツール



 39. メールアカウント発行数”無制限”とは、いくつでも登録可能なのですか?

弊社の「メール発行数無制限」についてはさまざまな規定を設けております。すべての方がメール数無制限に発行できるとは限りません。メールのご利用は、契約者のごく身近な関係者(社員・家族)などであり、発行にふさわしい対象者であれば、必要数を発行いただけます。また、規定に反する可能性があると弊社が判断した場合は、発行を制限させて頂いております。発行条件は下記に当てはまるご利用目的にのみ、発行可能数の上限を拡張させて頂きます。当内容をしっかりとご了解された上でお申し込み下さい。


■メール発行規定■

メール利用(発行)が可能な条件
ご契約者が法人の場合
その社員が利用する目的の発行。
 (社員・部署・関係者等)
ご契約者が個人の場合
ご本人の関係者のご利用を使用目的とする発行。
(ご家族、及びホームページコンテンツ関係者)

■メールアカウント発行が無効な条件(発行禁止事項)■
第3者や部外者への無差別な発行
販売を目的とした発行
販売目的外でも、多くの人にメールアドレスを配布する行為。
ご使用目的が不明確もしくは、目的のない発行
その他、弊社が不適切と判断した発行
組合員組織(会員組織)への個々へのアカウント発行

なぜ発行条件があるの?
「メール無制限」ときくと、聞こえはいいですが、何の制限もしないと、契約者の中には、不適切なご利用をされる方も現れます。たとえば、契約者の知人に、アドレスを無差別に発行する人や、有償でメールアドレスをホームページ上等で販売する人、フリーメールサービスと称し、大量にメール発行をする人・・などなど。このようなことを許可した場合、膨大な数のメールを無制限に増え続け、膨大なトラフィック量の増加に繋がり、皆様へのサービス環境の悪化を招きます。弊社では、月額2,500円という限られた価格帯でも、高速・高品質で安定したホスティングサービスを実現し、また、スペックも当規定内を遵守いただければ、必要数をご利用いただける体制を整えました。規定を設定しないと、高品質環境は保てません。何卒、ご理解の程、お願い申し上げます。


※発行可能数の初期値は15個です。上限拡張は、許可申請制です。

メールの登録追加は、「アカウントマネージャ」にてお客様のパソコン上から行えます。
当ツールにて、メール登録できる限度数は初期値15個となっております。15個以上必要なお客様は、追加必要数と追加対象者をご明示いただき弊社へご申請すれば、弊社にて簡単なコンサルティングをさせて頂き、発行限度数を拡張させていただきます。ただし、発行目的やご利用者がはっきりしない場合や、弊社が発行に際しふさわしくないと判断した場合は、発行限度数の拡張はおこないません。当状況をしっかりとご理解された上でお申し込み下さい。




 40. ディスク領域の”ご利用規定”とは何ですか?

弊社の「ディスク領域」については、アップロードできるデータ内容などに対し、規定を設けております。規定に当てはまる内容のみアップロード可能です。アップロードできるデータ初期上限値は15MB(ホスティング・レギュラーコース)であり、15MB以上必要な方は、別途申請の上、アップロード上限を拡張させて頂きます。(バリューコースは初期値200MB)。ホームページデータと無関係なデータのアップロードは不可です。すべての方が50MBを必ずご利用できるとは限りません。規定に反する可能性があると弊社が判断した場合は、アップロード上限拡張などを制限させて頂いております。また、ハードディスク領域(容量)には、ホームページとメールとログのデータが含まれております。当内容をしっかりとご了解された上でお申し込み下さい。

■ディスクご利用規定■

データアップロードが可能な条件
ホームページデータとして公開されるホームページ用データ・素材

データアップロードが不可能な条件(アップロード禁止事項)■
ホームページデータと関係ないデータのアップロード
パソコンの中のバックアップ先(ハードディスク代わり)としてのご利用
公序良俗に反する(アダルトコンテンツ含む)内容のアップロード。
ポータルサイト的なサイト運営。
(おおくの他団体のホームページを当領域内で運用する行為)
当領域自体の再販行為。スペース貸し的な行為。
その他、弊社が不適切と判断した領域利用。

※アップロード(FTP)可能データ数の初期値は15MBです。
〜弊社顧客の平均利用ホームページ領域は、約3〜6MBです〜

おおよその中小企業のホームページは、ほとんどが5MB前後です。弊社契約のお客様(企業様)においても、平均ご利用ホームページデータ数は3〜6MBです。つまり、弊社のご提供ディスク領域は、50MB(規定内)となっておりますが、実際はほとんどの方が、10分の1も使わない計算となります。ホームページは、実際伝えたい内容を端的にまとめなくては、ネット閲覧者に全てを見てはもらえません。また、画像(写真)もあまり多く載せすぎると、ページ自体が重くなりますので、どんなインターネット接続環境でも快適にページが開くようにするためには、必然的に5MB前後となるようです。世の中のほとんどのホスティングプロバイダが、「なんと100MB!」とか「300MB!」という風に、誇大広告しておりますが、実質つかう領域数はほんの少しです。

ホームページ領域の上限拡張は、許可申請制です。

弊社では、15MB以上ホームページ領域を必要なお客様は、追加必要数と追加理由をご明示いただき弊社へご申請すれば、弊社にて簡単なコンサルティングをさせて頂き、アップロード上限数を拡張させていただきます。ただし、拡張目的などがはっきりしない場合や、弊社が拡張に際しふさわしくないと判断した場合は、上限数の拡張はおこないません。当状況をしっかりとご理解された上でお申し込み下さい。




 41. メール発行数やディスク領域利用について、どうして規定があるのですか?

当社の提供する「ホスティングプラン」は、低価格でも、高品質環境・高スペックサービス提供を実現・品質維持をするためです。もし、当規定がなかった場合、メールにおいては無差別にフリーメール発行を行う方や、ディスクについても領域貸し的な方があらわれ、高品質+低価格を実現できなくなるからです。普通のご利用に関しては、低価格にて必要十分な品質と価格を実現したお買い得パックとなっております。何卒、ご理解下さい。

サービス・スペック(電子メールやディスク領域など)については、弊社が定めた規定内
の条件にて、サービス提供しております。規定の内容から外れたご利用の可能性がある場合、弊社は契約者からのスペック上限拡張要求や提供を行わないものとします。規定を遵守頂ければ、必要十分な環境をご提供致します。当内容をしっかりとご了解された上でお申込下さい。
参考資料:取ろうよドットコム「価格と機能

 42. メールの送信方法で、POP before SMTP方式とは何ですか

POP before SMTP とは、メールの送信を行う際に、前もってメールの受信を行っていただくことにより、お客様が弊社のユーザー様であることを認証し、送信メールサーバーの利用を許可する方式のことです。主要なプロバイダがよく利用している方式です。当方式では、メールを送信する場合、一度受信を行わないとメールを送信できません。ご注意下さい。

Copyright (c) 2008 IF Research Co.,Ltd. All Rights Reserved. プライバシーポリシー
design by KATATI DESIGN